スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






-------- : スポンサー広告 : Follow celebdailyjp on Twitter

ブリットニー・スピアーズのフォトシュート写真を修正し過ぎとファンから猛批判を受け雑誌が謝罪

lucky-britney-spears-2012dec-cover-03.jpg



アメリカのファッション誌、Lucky誌が、表紙カバーでブリットニー・スピアーズ(Britney Spears)を修正し過ぎだったとファンの猛批判を受け謝罪、、、

という事態が発生





Lucky誌12月号では"X Factor"で審査員を務めているブリットニー・スピアーズがプロモーションで表紙カバー&インタヴューで登場。

しかしこのカバーフォトを見たファンらが、こんな酷いブロンドウィッグをつけさせていることや修正のしすぎで本物とは全然違う顔になっていることでTwitterで非難の嵐。

あるファンは、「ブリットニー・スピアーズは本当にフォトシュートに来たんですか?それともフォトショップで修正してボディに顔をくっつけただけ?」とツイートし、

また、別のファンはLucky誌に宛てて、「自分の責任じゃないのに申し訳なく感じているかもしれないことに対しブリットニーに謝罪すべきよ。あのウィッグを彼女につけさせたのが誰であれ」と怒りのツィートをしていた。

これに対してLucky誌はツイッターで公式謝罪ツイートをする事態に。

「弊誌カバーに対するご意見ありがとうございました。いつものように私たちはチームとこれをシェアし、落胆させてしまった方がいることを謝罪します」

lucky-britney-spears-2012dec-cover-01_20121030015020.jpg

lucky-britney-spears-2012dec-cover-02_20121030015020.jpg



ブリちゃん自身は、サム・ラトフィとの裁判中ということもありメディア報道を読んだり見たりすることは禁じられているそうなのでLucky誌の記事も雑誌カバーも見ていないかもしれないですが、、、

ていうか、これ自分だと気が付かないかもですね(笑)。

ラッキー誌のフォトシュートはいつもほんとに安っぽいというか修正し過ぎというかこんな感じです。

数年前おかしかった頃は雑誌フォトシュートでスタイリストの言うことを全く聞かず自分の好きな服とヘアメイクで悲惨なフォトシュートだったこともありましたけど今回はどうなんでしょうか?


こちらは先週土曜日、ヘアサロンから出て来たブリちゃん

britney-spears-beverlyhills-102012-01.jpg

ストレートヘアにチェンジ


-------------------------------------------------
Twitterではブログで紹介しきれないゴシップも更新してます♪Follow Me!
Follow hashbrownharst on Twitter


関連記事







2012-10-30 : Britney Spears : コメント : 2 : Follow celebdailyjp on Twitter


似た体型のモデルをつかって、顔だけ撮影したのを
すげかえて
パーツをきれいに配置し直して肌色にトリーミング・・

充分ありえるとおもいましたw
2012-10-30 02:57 : ls URL: 編集
自分だと気が付かないって

そんなあほな。
2012-10-30 03:03 : とおりすがり URL: 編集
コメントの投稿
非公開コメント






お知らせ

最新ニュースは新サイトの方で更新しています

ファッション









Search This Blog

Free Area

Category

フリーエリア



フリーエリア



最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

ブログに書ききれないニュースやセレブ裏情報、速報などはこちらで。 Follow Me!!
twitter (2)

Twitter

Free Area



ブログパーツ

メールフォーム

ご意見、ご感想、リクエスト等はこちらからご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

入力項目がすべて入力されないと送信できません。半角カタカナの使用は文字化けするので避けてください。

Profile

Hashbrown

Author:Hashbrown
海外セレブの最新情報をアップデート

フリーエリア



C-Checker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。