スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






-------- : スポンサー広告 : Follow celebdailyjp on Twitter

ジョー・ジャクソン:「マイケルの死は母親のせい!」&「プリンスとパリスは実母と面会した」

joe-jackson.jpg

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)1周忌を2週間後に控え、父親のジョー・ジャクソン(Joe Jackson)がNews of the World紙で心境を語っている。


ジョーは、マイケルの母親キャサリン(Katherine)に対してマイケルの死に関して非難したことを初めて語った。



ジョーは、マイケルが遺体安置台に乗っている前で妻のキャサリンと対面した時、強く非難したことを明かした。

「キャサリンは号泣し、ものすごく動揺していた。しかし私は彼女にハグしなかった。彼女に対して激怒していたからね」

ジョーはキャサリンに何ヶ月もの間マイケルを処方箋薬中毒でリハビリ施設に入れることを強く主張してきたと言う。

「"お前が俺の言うことを聞いていればマイケルは死なずに済んだんだ!"と言ったんだ。何か変だと言う彼女の前に立っていた時のことが頭から離れない。

俺は自分の感情を抑えることができなかった。キャサリンは何も言わなかった。彼女が俺の言ったことをしていればマイケルは今日もここにいたはずだ。俺は彼女に対してすごく怒っている。彼女は違う結果をもたらすことができたのに。」

と妻のキャサリンに対して怒っていることを明らかにした。


「マイケルが亡くなる前の数ヶ月は2~3回しか会っていなかった。とても弱っていて、痩せていて、睡眠が必要なように見えた」

「ステージで見せていたような目の輝きが全くなかった。息子が処方箋薬中毒だったとは知らなかったが、何かおかしいと思った」

「俺は、マイケルを自分のかかりつけの医師に診せるよう予約を取ったんだが、マイケルに"さあ行こう"と言うと、あいつは、自分の主治医がいるし医師たちは大丈夫だと言っている、と作り話を言うんだ。俺が"大丈夫か?"と聞くと彼は大丈夫だと言い張った。俺が強要したら部屋から出て逃げていってしまうか消えてしまっただろう。とてもイライラしたよ」

一方、マイケルはさらに偏執的になっていったと言う。

「あいつは、誰かに殺される、とか、ステージで撃たれるかもしれないと心配していた。いつも"彼らは僕の音楽版権を狙っている"と言っていたが、それが誰なのかは言わなかった」

また、ロンドンでのThis Is It公演が、最初の15回から50回に増えたことについて、極度の疲労を心配するマイケルはジョーに公演を減らしてくれるように頼んだと言う。

それでジョーはコンサートプロモーターのAEG社長ランディ・フィリップスに談判するためビバリーヒルズのホテルで面会した。

「マイケルは15回の公演しか契約していなかったのに50回になった、too muchだ、と俺に言った。俺はランディに、マイケルはギリギリに追い詰められるかもしれないぞ、と警告したんだ。俺は怒って叫んでいたが、マイケルとキャサリンは部屋の隅に座って笑っているだけだった」

「キャサリンと全く同じようにマイケルは対決ができないたちだった。ランディは考えてみると言ったが、それ以降何事も音沙汰なしだ」

「部屋を出てマイケルにさよならを言った時、またすぐに連絡する、と言ったんだが俺はしなかった。それがマイケルに会った最後となった」

「マイケルがこの公演を無事に終わらせてくれるよう願った。あいつには絶対無理だろうと分かっていたんだ。だがまさか死ぬなんて思っていなかった」


6月25日、ラスベガスにいたジョーは、「ファンからの電話でマイケルが病院に運ばれたことを知った。そしてLAに向かう途中でラトーヤから電話をもらいマイケルが車の中で亡くなったと知らされた。現実のことと思えなかった」と当時のことを語った。

マイケルが亡くなったことには涙は出ず悲しみよりもむしろ怒っていたというジョー。

その怒りの矛先はほとんどがキャサリンに向かってだった。

「マイケルの生前最後の数ヶ月、俺はキャサリンに、マイケルと連絡がとれないからお前が息子を助けるべきだ、と何度も言ったんだ」

「マイケルのところに行って一緒にいるように懇願したんだが、彼女は、マイケルにはプライバシーが必要、そっとしておくのがいいと主張したんだ。子供は父親でなく母親の言うことを聞くものだ。特にマイケルはママっ子だったから彼女の言うことは聞いたんだよ」

「彼女はそのことについて俺が言わんとすることを聞きたくないから、いまだにそのことについては彼女と話できていない。未だにマイケルの死を乗り越えられていないんだ。頭痛があるし眠れないし、これらの問題には対処できないだろう。マイケルと同じようにただ逃げ出したいんだ」

しかし、マイケルの子供たちは父親の死の悲しみを乗り越えて強くなっていると言う。

「父親のことを大好きだったが、良く立ち直ってきている。最初の数ヶ月は大変だったが今はエンシーノでの生活をエンジョイしているよ。マイケルは子供たちを厳しく躾けていて、しっかり勉強させTVを観せるのは週末だけだった。彼は良い父親だったが厳しかった。子供たちは頭が良くて、世界で何が起こっているかを理解するように躾けていた」

「俺たちは子供たちにもう少し自由を与えていて、それが気に入っているようだ。今は自分たちのTVとコンピューターを持っているよ。パリスは3人のリーダーだ。成長が早いから気をつけて見ていなけらばいけない」

「彼女はなりたいと思うものになんにでもなれるだろう。ジャクソン家の全員と同じように彼女にはショービズの血が流れている」

「プリンスはもう少しおとなしいが、俺があの子に会うたびに違う楽器を手にしている、ブランケットは父親に一番似ている」

「ブランケットを見ているとあの年頃の時のマイケルを思い出すよ。マイケルと同じようにダンスがうまいんだ。彼らがショービズの世界に行く可能性もあるね。マイケルもそれを誇りに思うだろう」


そして、プリンスとパリスが今年になって母親のデビー・ロウに会ったことも明かした。

「デビーがプレゼントを持ってやって来て子供たちと話した。二人は彼女が母親だと知っていたが大騒ぎはしなかった」

「10分ぐらいですべて終わったが、とても有益な面会だった。何を言われようともデビーが子供たちに会うことを止められない。キャサリンとデビーは良い関係だ」


と、マイケルのことや最近の子供たちの様子を語るジョーだが、一方、マイケル専属医のコンラッド・マーリーに対して民事訴訟を起こし、コンサートプロモーターのAEGや、キャサリンに遺産の40%を与えるマイケルの遺書を作成した弁護士たちにも訴訟を起こしたりと忙しい。

「キャサリンはまだ一銭も受け取っていない。マイケルはキャサリンのことをずっと面倒みていたのに、これにはマイケルも不満に思っているだろう。」

マイケルの死についてキャサリンを責めているジョーだが、自分自身をも責めていると言っている。

「マイケルを助けようとしたが、もっと積極的に連絡を取るべきだった」


マイケルは生前、ジョーを恐れ、父親として愛してくれなかった、と言っていたが、これについてはジョーは未だにマイケルがなぜそんなことを言ったのか理解できないと言っている。

「マイケルがなぜそんなことを言ったのか分からない。でも俺がマイケルに厳しくなかったら子供のストリートギャングになっていたかもしれないんだ。息子がショービジネスで成功できるよう多くの仕事を与えたんだ」




ジョーが1周忌を前にまたしゃしゃり出てきていろんなことぶっちゃけてますが、
子供たちが元気そうなのは分かって良かった。

気がつけばマイケルが亡くなって早1年が経とうとしているんですね。
まるでついこの間のことのような感じがするのに。
合掌。。。


Twitterではブログで紹介しきれないゴシップも更新してます♪

Check this out!

関連記事







2010-06-14 : Michael Jackson : コメント : 8 : Follow celebdailyjp on Twitter


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-06-15 07:18 : - : 編集
私も・・・
マイケルの死から立ち直れてない
一人ですが、彼の周りの人々は
本当にもっと複雑な想いが
あるでしょうね。
ジョーさんもややこしい人では
あるかもしれないけど
やっぱりマイケルのお父さんで、
彼は彼なりにマイケルを心配し
愛してたんじゃないかな・・・
ジョーさんの言うように
もしマイケルがキャサリンさんの
言う事を聞き入れる可能性が
あったならどうにか出来たのでは・・・
でも彼女を責めても仕方ないですよね。
その時はこんな事になるなんて
誰も知らなかったんだから。
子供達が元気でよかった・・・
どうか子供達が幸せに、そして
人に恵まれますように・・・
2010-06-15 09:01 : - URL: 編集
ジョーパパの言う事もよくわかる。。
親として、あの時ああすれば良かったとかこうすれば・・とか後悔や思い残しがあるのは当然のことだと思う。
世間では今だにジョーや兄弟のことをとやかく言ったりもするけど、人種的問題、児童労働、宗教観など、いろいろ背景にあるから複雑だ。
2010-06-15 09:10 : hanako URL: 編集
後からなら何とでも言えますよね。
本当にお父さんが「施設が必要」と思ってたのなら、何で本人が言わないんでしょう?

そもそも、薬に依存する人間になったのも
お父さんにかなり原因があると思いますが。
天国でマイケルが悲しんでると思います。
2010-06-15 12:11 : 84 URL: 編集
いずれにせよ、死人に口なし。
本人のいなくなった今になってなにを言うですわ。
2010-06-15 19:53 : けしつぶ URL: 編集
今日、東京タワーのMJ展にいってきました!!衣装とかが飾ってあって体が意外と
小さいんだなって感じました!
2010-06-18 00:50 : とむ URL: 編集
悪名高いジョーパパですが、言ってることも少し分かる気がします。
マイケルを救えなかったこと、どんなに自分や周囲を責めても、やりきれない思いでしょう。

あんなに母親大好きだったマイケルでも、キャサリンママが施設に入れようとしても
頑なに拒んだんではないでしょうか。
だから、キャサリンママはしつこく勧められなかったとか。

あと、子育ては各家庭の方針に従って良いですが、
せっかくマイケルが厳しくそして賢く育てていたのに、
それぞれにTVとコンピューターを与えるのはどうかと思います。

デビーとプリパリの面会ってどんなだったんですかね。
「マミー」とか呼ぶんでしょうか。

いずれにせよ、ジャクソン家の皆さんが穏やかに暮らせること、
マイケルの遺児が健やかに育つことを願います。
2010-06-18 19:32 : yuko URL: 編集
死因が別のことだったら、またそれに沿ったことを言いそう・・

嘘まみれのゴシップで追い詰めたちゃったからなぁ・・・。
あの状況で生き抜けるのは、相当冷酷な人間じゃないと無理かも。
2010-06-19 19:28 : hiyo URL: 編集
コメントの投稿
非公開コメント






お知らせ

最新ニュースは新サイトの方で更新しています

ファッション









Search This Blog

Free Area

Category

フリーエリア



フリーエリア



最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

Twitter

ブログに書ききれないニュースやセレブ裏情報、速報などはこちらで。 Follow Me!!
twitter (2)

Twitter

Free Area



ブログパーツ

メールフォーム

ご意見、ご感想、リクエスト等はこちらからご連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

入力項目がすべて入力されないと送信できません。半角カタカナの使用は文字化けするので避けてください。

Profile

Hashbrown

Author:Hashbrown
海外セレブの最新情報をアップデート

フリーエリア



C-Checker

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。